Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/93-787ef012

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ULTIMATE X-MEN #22

アルティメットX-MENの第22話。冒頭では久々にブラザーフッドが登場します。
ULTIMATE X-MEN | #1 | #2 | #3 | #4 | #5 | #6 || #7 | #8 | #9 | #10 | #11 | #12 || #13 #14 || #15 | #16 | #17 | #18 | #19 | #20 || #21
uxm22.jpgISSUE #22"HELLFIRE & BRIMSTONE" Part 2 of 5
Writer: Mark Miller
Penciler: Adam Kubert

パキスタンの核ミサイル基地に、体長10mはあろうかという巨大なサイのような姿をしたミュータント:スマトランが突入して来た。スマトランに続き、昆虫人間のような姿をした分身能力を持つミュータントやクモ男:オーブウィーバー、ゴリラ男プロシミアンがパキスタン兵を制圧してゆく。
IMG_0003_20110905212531.jpg

皆の様子を無線で確かめ、今やブラザーフッドのリーダーとなったクイックシルバーは基地のセキュリティエリアを易々通り抜け、ミサイルのロックを解除した。
クイックシルバーの合図を受けると、スカーレットウィッチはヘックスパワーを使って基地のミサイルをすべて宇宙まで飛ばして爆発させた。
IMG_0004_20110905212932.jpg
「奴らこれを見てるかな?」
「奴ら?ホモ・サピエンスどもか?」
「いや、トードやセイバートゥースやほかの裏切り野郎たちさ。父さんが死んでからブラザーフッドは腰ぬけになったって騒いでる連中さ。マグニートーだって今までこんなこと成し遂げたことはないぜ、プロシミアン。マグニートーだって一国を完全に無力化したことなんてないんだ。」

その晩、ブラザーフッドのアジトでクイックシルバーはマスコミ向けの犯行声明ビデオを撮った。内容はパキスタンとインドの不必要な武器所有に対する制裁のために双方の核基地をせん滅したというものだった。クイックシルバーが早口過ぎてビデオを撮りなおす羽目になってるのを見て、あきれたプロシミアンはその場を離れ、他のブラザーフッドの面々に愚痴をもらした。
IMG_0005_20110905215004.jpg
ブラザーフッドの最近の活動は主に核保有国の基地せん滅などであり、プロシミアンはそのことに不満を抱いている者の一人だった。ブラザーフッドの中でも、ワンダ(スカーレット・ウィッチ)とピエトロ(クイックシルバー)に救ってもらって忠義を示す者もいれば、最近の活動はマグニートーの理念を無視した生ぬるいものだと批判的な者もいた。トードやローグ、ジャガーノートらは嫌気がさしてブラザーフッドを去ってしまったという。

その頃エグゼビア学園では、書斎でプロフェッサーとジーン・グレイが話していた。フェニックスのヴィジョンが現れてから数週間経過し、その後幻影症状はおさまっているが、ジーンの頭痛とストレスは続いており精神病の再発を恐れていた。プロフェッサーは、精神の成長とともに能力が強くなってきたことによる一時的なものだと言い、心配ないと答えた。


一方、学園のマップルームではサイクロプスが次の任務のために地図を調べていた。
IMG_0006_20110905220701.jpgそこへキティが顔を出す。
シャドウキャットっていうの、どう思う?」
「何のことだい?」
「私ずーっと考えてるの、あなた達みたいなクールなスーパーヒーローネームをね。けど土曜朝のアニメ風にならないようにっていうのがけっこう難しいのよね。
シャドウキャットって私の能力にぴったりだと思わない?それとも他にいい名前あるかな?」
「それより次の物理の試験勉強をしたらどうだ、キティ?」
「やったけど死ぬほど退屈よ、スコッティ。ところであなたはここで何してるの?地理の宿題とか?」
「違うよ。僕とコロッサスは明日任務でサヴェッジ・ランドへ行くんだ。その前に地形を頭に叩き込んでるとこさ。」
「サヴェッジ・ランドってマグニートーが住んでたとこでしょ?でも今はひどい災害地区で誰も出入りしないって、テレビでやってた。」
「ああ。そこへ半年前くらいに米国の軍隊が調査へ行ったんだ。そして今から24時間前に彼らの連絡が途切れた。それでプロフェッサーがX-MENを派遣して何が起きたか調べることにしたんだよ。」
「クールね!私も仲間にいれてくれないかなー?」
「あり得ないね。」
キティがヒーロー活動を禁止されているということを諭すサイク。

IMG_0007_20110906204554.jpg
マップルームにはいつの間にかウルヴァリンがいた。
「スコッティが心配なのは、一緒にいて自分が君に手を出さないかって心配してんのさ、キティ。こいつはX-MEN一の女たらしだからよぉ。」
ウルヴァリンがアルコール臭く、酔っぱらってることに気付いたサイクは部屋に戻るよう言う。
「お前、俺に命令するのかよサマーズ?」
「僕はただ・・・」
「お前、自分は俺より上だと思ってんのか?俺の彼女を奪ったからって偉くなったつもりか?」
「あのー、ちょっと冷静になったら、二人とも?」キティのフォローは無視される。
「図に乗るなよ、ウルヴァリン。」
「乗ったらどうする?俺にオプティックブラストか?グラサン取る度胸があんのか?
お前知らないだろ?ジーンが頭痛になったのはお前と付き合い始めてからだ。
偶然かなぁ?それともカナダ産の筋肉が恋しくなったからかもなぁ?」(ウルヴァリンはカナダ出身)
「調子に乗るな・・・」
「彼女、ワシントンでは楽しんでたぜ、サイクロプス。俺とジーンが元鞘に収まるのは時間の問題だ。」
その言葉にとうとうサイクがキレてウルヴァリンの顔面をぶん殴った。
吹っ飛ぶウルヴァリン。
IMG_0001_20110906205403.jpg

「キティ、今すぐプロフェッサーを呼べ!」
その直後、サイクはウルヴァリンのリバーブローをもらい声にならない叫びをあげる。
「爪は使わないでやるよ。」
その後はもともと格闘能力で圧倒的に勝るウルヴァリンにボコボコにされるサイク。
立つこともままならなくなったサイクはとうとう、サングラスに手を掛ける。
IMG_0002_20110906205448.jpg

サイクが放ったオプティックブラストで壁を突き破り隣の部屋まで飛ばされうウルヴァリン。
「これは警告だ、ウルヴァリン。俺の彼女に二度と手を出すな。さもなきゃお前のヒーリングファクターの限界を見ることになるぞ。」
暗闇から返事は返ってこない。
「聞こえなかったか?お前に言ってんだ!」

返事の代わりに金属音が響く「SNiKT! SNiKT!」
IMG_0008_20110905230508.jpg


飛びかかってきたウルヴァリンは空中で気を失い、倒れ込んだ。
「スコット!!」
いったい何をやってるんだね。」
プロフェッサーが部屋に到着した。
「僕は、正当防衛です。」
「一発目のパンチは君からだったと聞いたが?」

「君のガール・フレンドを侮辱されたなんてことは関係ないぞ、ミスター・サマーズ。ここはワイルド・ウェストじゃあない。君の子供じみた行動にあきれるぞ。ウルヴァリンが君を殺すとでも思ったのか?」
IMG_0009_20110905232212.jpg
「僕はウルヴァリンなど怖くはありません。」
「もう少しは怖がったほうがいいかもな。私がいなければ今頃君は肉片になって床に散らばってるところだぞ。
君たち二人は一晩精神世界に入って反省してもらうぞ。
君には全く失望したぞ、スコット。君という人間すべてにおいてだ。」
「申し訳ありません。」
「この問題についてどうするかは明日考えるとしよう・・・」

その時突然、キティが後ろで叫び声を上げた。
「プロフェッサー!ジーンが大変!」
IMG_0010_20110905232039.jpg



・・・ということで第22話でした。途中からほとんどセリフだけになってしまいましたが・・・。
冒頭のブラザーフッドのシーンでは、新しいカッコいいミュータントがたくさん出てきて楽しいのですが、彼らのバトルシーンは今回だけでちょっと残念です(そもそも今回もバトルシーンの画像はってませんが)。

キティのミュータントネームは正史ではなかなか決まらず、アリエールやスプライトと名乗っていた時期もあり最終的にストームがシャドウキャットと名付けたと記憶してますが、アルティメット版では自分ですんなりシャドウキャットに決めました。やっぱりシャドウキャットがしっくりきます。

ウルヴァリンは初登場時の下品オヤジっぷりがすごかったのに最近はちょっとおとなしくなってました。が、ここで汚いウルヴァリンが復活しました。アルティメット版のウルヴァリンは、ウェポンXでの殺人マシーンだったときの影響が今も強く残ってしまっていてこの後も問題が起きます。

ジーンのフェニックス問題はまだまだ続きます。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/93-787ef012

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。