Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/81-0e5eca8a

トラックバック

コメント

[C19] 見てみたくなりました。。。。

あっソーシャルネットの子が出てるって予告みて思ってましたが、特に興味をひくわけでもなくでした。

”Rule Number 32: Enjoy the Little Things !”私もこのルールで生きているような・・・・自分のルールに追加をしたいので参考に見てみたいです。
  • 2011-09-02 12:42
  • YOKO
  • URL
  • 編集

[C20] Let's enjoy the little things !

私はソーシャルネットワークのほうを未見なのですが、今作での彼はちょこっと抜けてて時に大胆でいい味出してました。
ルールのほうは・・・、32番以外はそんなに役に立たないかも(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『ゾンビランド』レビュー

普通とはちょっと違う、後味の良いゾンビ(コメディ)映画『ゾンビランド』を観ました。
zonbieland.jpg
原題:"Zonbieland" 2009年 アメリカ 88分
監督:ルーベン・フライシャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・プレスリン

ストーリー: 新型ウイルスの爆発的感染拡大で人類のほとんどがゾンビになってしまった地球。テキサス州のとある街に住む気弱で引きこもりの学生コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、自分で定めた「30のルール」を駆使して生き残り、両親が住むオハイオ州コロンバスへと向かおうとしていた。トラブルに遭って車を失ったコロンバスは、偶然通りかかった凄腕ゾンビハンターのタフガイ:タラハシー(ウディ・ハレルソン)と出会い、乗せてもらうことに。さらに、タラハシーのある好物を求めて寄ったスーパーマーケットでゾンビと戦っていたところ、ウィチタ(エマ・ストーン)とリトル・ロック(アビゲイル・プレスリン)の姉妹に出会う。実は詐欺師だった姉妹に、コロンバスとタラハシーは銃と車を奪われるも、再び4人一緒になり、ゾンビがいないというパシフィック・ランドを目指すことに・・・


レビュー: グロいシーンはあるものの、一般のゾンビ映画とは一味違う、クスッと笑いながら気軽に楽しめる、そして後味もよい大変珍しいゾンビ映画です。予告編でも痛快エンターテインメント・ホラーと言っていますが、この映画にはまさにぴったりの言葉です。
いきなりネタばれ感があって恐縮ですが、ゾンビ映画のお決まりのパターンとして、金髪のお姉ちゃんの悲鳴、調子乗ってる奴の悲惨な死、仲間のうち一人がゾンビに噛まれたのに皆に黙っててあとで苦渋の決断、といったものがありますが今作ではそういう要素は排除。代わりにコメディと家族愛(?)が盛り込まれています。とにかく強い粋なオヤジのタラハシー、さえないけど生命力の強いちょっと共感できる主人公コロンバス、狡猾で油断できないけど可愛いウィチタとリトル・ロック姉妹、と登場人物もとても魅力的。彼らがだんだんと打ち解けてゆき、協力するようになるところは心温まります。

ホラー系のゾンビ映画は苦手という人でもたぶん楽しめると思います。

コロンバスはゾンビランドで生き残るための30のルールを決めていて道中ルールが増えてゆくのですが、その32個目はゾンビのいない社会を生きる我々にとっても役立つ素敵なルールでした。これを聞けただけでも見る価値あったかも。

続き以降はネタばれです。

道中、4人がハリウッドへ行って映画スターの家に宿泊するシーンがあるのですが、タラハシーが選んだのは、ビル・マーレーの家。しかも、ゾンビメイクを自分でして暮らしているビル・マーレー本人登場。私はちょっと前に『知らなすぎた男』を観ていたのでその印象が強かったのですが、やっぱりこの人は面白いです。ブラックユーモアを交えてあっけなく死んじゃうのはちょっと悲しかったですが、映画全体の中でなかなかに印象深いシーンでした。

生き残るための32のルールは、「有酸素運動」や「二度撃ち」「シートベルトを締めろ」に始まり、他のゾンビ映画じゃありえない「ヒーローにはならない」なんかもあって面白いです。「ヒーローにならない」ルールはもちろん、最後は破って愛する人を助けに行きますけどね。

32番目のルールはコロンバスがタラハシーの生き方から学びます。それは「些細なことを楽しめ」。
いい言葉です。辛い時や疲れてるときでも、ちょっとしたことを楽しむと心が軽くなりますよね。玉子焼きがうまく焼けたとか、投げたゴミがスポッとゴミ箱に入ったりとか、ペン回しとか、掘り出し物を見つけたりとか・・・。私も普段から実践してますが、忙しくなったり、悩みを抱えてしまうとついつい忘れてしまいます。これからは、そんな時も
「Rule Number 32: Enjoy the Little Things !」を思い出して、楽しく生きてゆきたいものです。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/81-0e5eca8a

トラックバック

コメント

[C19] 見てみたくなりました。。。。

あっソーシャルネットの子が出てるって予告みて思ってましたが、特に興味をひくわけでもなくでした。

”Rule Number 32: Enjoy the Little Things !”私もこのルールで生きているような・・・・自分のルールに追加をしたいので参考に見てみたいです。
  • 2011-09-02 12:42
  • YOKO
  • URL
  • 編集

[C20] Let's enjoy the little things !

私はソーシャルネットワークのほうを未見なのですが、今作での彼はちょこっと抜けてて時に大胆でいい味出してました。
ルールのほうは・・・、32番以外はそんなに役に立たないかも(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。