Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/6-2f95f43e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『月に囚われた男』レビュー

近年では珍しいレトロ感ある良作SF映画『月に囚われた男』のレビューと感想です。

原題:"Moon" 2005年 イギリス 97分
監督:ダンカン・ジョーンズ、出演:サム・ロックウェル、音楽:クリント・マンセル

ストーリー:月の資源を利用する近未来。契約期間3年従業員数1人で月で資源採掘をして地球へ送る仕事に従事する男、サム・ベル(サム・ロックウェル)。通信装置の故障のせいで、地球とリアルタイム通信ができず、妻子との会話もままならない不自由な日々を過ごしていたが、契約期間もあと2週間ということで、希望に胸を膨らませて月での最後の日々を過ごしていました。しかし採掘車で事故に遭い、基地の医療室で再び目を覚ました時から妙なことに気づいてゆきます。相棒の人工知能ロボット、ガーディの様子も変だし、会社からは絶対安静を言い渡され、今まで一度もなかった応援隊を派遣すると言われます。無理やり事故現場へ戻ったサムは大変なものを発見し、だんだんとこの仕事の真相が見えてゆきます・・・・

レビュー: 最近ではなかなか見られない上質な宇宙系SF映画です。閉ざされた空間でのロボットとのやり取りや、家族とのビデオ・レター、頼れるものが何もない中で真実を探ってゆく展開など、SF好きにはたまらない作りになっていました。主演のサム・ロックウェルは最近だと『アイアンマン2』が有名ですね。この『月に囚われた男』の演技は素晴らしく、3年間も一人で過ごした男なんて実際は会ったことありませんが、もしいればきっとこんな男だろうと思えました。物語のオチは想像のつきやすいものでしたが、リアルな演出のおかげでドキドキしながら最後まで観られました。

夜、部屋をちょっと暗くして静かに観たい、そんな映画です。つづき以降はネタばれあり。
この映画の肝はやはりサム・ロックウェルの演技だろうと思います。もう一人の自分に対面した時の反応がとってもいいですね。起きたばかりの気の短いサムと3年間一人で過ごして余裕のでたサム。3年目のサムと生活を共にすることでだんだんと新サムの心が変化してゆく描写は大変面白いです。また、ボロボロになりながら、はじめて娘と通信するシーンは非常に印象的でした。最後、ロボットの協力もあり、3年サムから夢を託され新サムが地球へと飛び立ち、またエピローグでもちょっと希望が持てる終わり方をしてましたね。ハッピー・エンドとは言えませんが、後味は悪くありません。

何度も書くようですが、最近はCG全開の派手なSF作品が多いですが、ときどきこのような上質は古典SFを観たいですね。ダンカン・ジョーンズ監督にはこれからも期待です。

そういえば、音楽のクリント・マンセルは『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』の音楽(YouTube)もやってた人ですね。ダーク・ピット(Wikipedia)のシリーズはまた映画化しないのかな。

   


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/6-2f95f43e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。