Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/51-62e324fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ULTIMATE X-MEN #2

アルティメットX-MENの第2話です。(前回)⇒ ULTIMATE X-MEN #1
ultimatexmen2.jpg
ISSUE #2 "The Tomorrow People"編 Part 2 of 6
Writer: Mark Millar
Pencils: Adam Kubert

マグニートーからプロフェッサーX暗殺の仕事を引き受けケネディ国際空港へ降り立ったウルヴァリン。全身が金属骨格のウルヴァリンだが空港ゲートは"プロの技"で難なく通り抜けたらしい。
「何かにおうぞ・・・」空港の建物を出たウルヴァリンは突如、謎の特殊部隊の銃撃を受け倒れ、そのまま連れて行かれてしまった。

ところ変わってエグゼビア学園。ボビー救出から2、3週間後。ステルスジェット機ブラックバードの迷彩テストやらトレーニングやら雑談をしていたX-MENメンバーがプロフェッサーXに呼び出された。彼はX-MENにカナダの軍事組織によって拘束されたウルヴァリンの救出任務を言い渡す。ウルヴァリンの名を聞き顔色を変えるサイクロプスとマーヴル・ガール。ウルヴァリンは世界で最も危険な殺し屋と言われ情報もほとんどないという。あるブラック・オプに所属していたが18カ月前に脱走し、その後行方をくらましていたらしい。
囚われたミュータントの救出ときき、年若いアイスマンも救出作戦参加を決意した。

ニューヨークの北を護送車で運ばれていたウルヴァリン。目を覚ますと檻に入れられておりその向こうには葉巻をくわえた男が立っていた。
ラスか?」
「その通りだソルジャー。ウェポンXへよくぞ戻ってきた。」
ウルヴァリンはすかさずアダマンチウムの爪を出し飛びかかるが、檻もアダマンチウム製。逆にライフルをの弾丸を受け倒れる。「ウェポンX時代はTVに飽きたら毎晩お前のヒーリング・ファクター(超回復能力)で遊んでやったな。お前らも楽しめ。どうせあとで記憶は消すしな。」兵士たちに的にされるウルヴァリン。
IMG_0010.jpg

「貴様は我々の所有物なのだ、ウルヴァリン。我々が見つけ、鍛え、部隊最強の殺人マシーンにしたのだからな。・・・覚えておけ。ウェポンXを去る時は死体袋に入って捨てられるときだけだ。」

IMG_0011.jpg護送車の前にX-MENが現れる。
「吹き飛ばせ、ストーム」
ストームの起こした暴風で車列はことごとく横転。
「ビースト、コロッサスはウルヴァリンを助け出せ! 他は兵士を制圧! 対ミュータント訓練を受けた相手であることを忘れるな!」
コロッサスとビーストが護送車に乗り込んだ。
「サイクロプスがリーダー気取りで命令してくるのは気に入らんな。あいつ、俺たちより年下だろ?」

コロッサスがウルヴァリンの檻をつかんでこじ開けようとする。がそこにウルヴァリンが怒鳴り散らす。
大佐を捕まえろ!あいつしかキーコードを知らん!
「落ち着けウルヴァリン。俺は鉄棒を曲げて観光客相手に小遣い稼ぎしてきたんだ・・・」
鉄棒と一緒にすんな、この口臭野郎!
今度はビーストがキーコードの解読を試みる。
早くしろこのデブ!ラスの安物コロンの匂いが消えちまう!
「我々が君を助け出そうとしているこの状況を考慮したら、私の体重に対する侮辱は差し控えるべきではないかね、ウルヴァリン?」
そうこうしている間にロック解除に成功。ウルヴァリンは檻から飛び出した。
じゃぁ食うもん減らせ、バターボール!

混乱に乗じて逃亡を図っていたラス大佐をバイクで追いかけるウルヴァリン。ラス大佐をとうとう追い詰め、まさに頭に爪を突きたてようとしたところで、X-MENが追いついた。
IMG_0012.jpg

「ウルヴァリン!殺してはだめ!」
マーヴル・ガールが説得にあたるが、ウルヴァリンは聞く耳をもたずラスの顔を爪の先でなぞる。
「今日はあなたにとって十分ハードな日だったでしょ?私はあなたを傷つけたくないの。」
何だって?べっぴんさんよ。ハイヒールで俺の顔踏んづけでもしてくれのか?
マーヴル・ガールは無言でテレキネシスを使ってウルヴァリンを持ち上げると、岩にぶつけて気絶させた。

ウルヴァリンがX-MENに保護されたという報告を、サヴェッジ・ランドで聞くマグニートーら。ウルヴァリンがウェポンXに捕まり、X-MENに救出されるのもすべて筋書き通りだという。
「助けた子犬が、まさか私が差し向けた殺し屋だとは思うまい。・・・さて、我々はもっと興味深い事柄について話し合おうか。」
ブラザーフッドの面々が座るテーブル上のスクリーンにはホワイトハウスが映し出されていた。

・・・という、第2話でした。
ウルヴァリンは口悪すぎ。顎鬚も生えて正史より凶暴キャラになっていて面白いですね。プロフェッサー暗殺の行方はどうなるのでしょうか。
年齢の話題が出てきますが、この時点でスコット(サイクロプス)18歳、ジーン(マーヴル・ガール)17歳、オロロ(ストーム)17歳、ヘンリー(ビースト)19歳、ピーター(コロッサス)19歳、ボビー(アイスマン)15歳と思われます。サイクの仕切りっぷりは確かに鼻に付きますね。まこういうところも含め私が一番気に入ってるキャラはサイクなのですが。
ヘンリー・マッコイはブラック・バードに光学迷彩装置を組み込んだり、バーチャル・トレーニング・システム(=デンジャー・ルーム)の設計にも乗り出しているようで、超頭脳を発揮してます。
サイクとジーンは1年半前からエグゼビア学園にいて、サイクはジーンのことが好きですがいまだに映画に誘ったこともないそうです。

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/51-62e324fa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。