Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/115-89e64637

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『イップ・マン 序章』レビュー

"ブルース・リーの師匠"という宣伝につられて観てみたら、今までで最高の上質本格カンフー映画との出会いとなりました。誰よりも強く気高く優しいイップ師匠にあこがれてしまう、アクション&人間ドラマ『イップ・マン 序章』のレビュー&感想です。
ipman_josho.jpg
原題:"葉問(Ip Man)" 2008年 香港 108分
監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、サイモン・ヤム、池内博之、リン・ホン
アクション監督:サモ・ハン・キンポー
音楽:川井憲次

ストーリー:1935年中国広東省仏山市。南部武術が盛んなこの街にはいくつもの武術道場が存在し、それぞれの技を磨いていた。郊外の大きな家に美しい妻と幼い息子とともに住む詠春拳のイップ・マン(ドニー・イェン)は最強の武術家として知られ、またその人当たりの良さから多くの人から慕われていた。北からやってきた武術家が街で道場破りを繰り返す騒ぎなどもあったが、イップ・マンらの活躍もあり、街は平和で活気にあふれていた。
1938年10月。仏山市は日本軍に占領され、人々は貧しく苦しい生活を強いられることとなった。武術をこよなく愛し、空手の達人でもある三浦将軍(池内博之)は、街で武術が盛んと聞き、日本兵との組み手をする志願者を探していた。組み手に行ったきり帰ってこない旧友を心配したイップ・マンは自らも志願し、三浦の道場へと連れて行かれるが・・・・

レビュー:無駄に早送りやスローモーションや派手なワイヤーアクションに頼らない本格的で上質なカンフーの動きを、とても丁寧に撮影していて、アクションシーンでは目が画面に釘付けになってしまいます。アクション映画では大きな足技で敵を吹っ飛ばすことも多いですが、イップ・マンの詠春拳は手技が基本。無駄のない動きで相手のガードをこじ開けてからの顔面と胸への連打はカッコいいですよ。
アクションに加えて、ブルース・リーが広めた葉門派詠春拳の師匠イップ・マンの人物像が大変カッコよく描かれており、ストーリーが進むにつれてこのイップ師匠にどんどん惚れ込んでいってしまいます。上品で優雅な物腰、家族を愛し、友人を大事にし、そして自分が大切にする人たちを守るためなら鬼となる。まさに強い男の見本。男の中の男です。ドニー・イェン超カッコいい。また、夫が武術ばかりしているのをよく思わず、しかし辛いときいつでもイップ・マンを支えてくれる妻(リン・ホン)がとても魅力的でした。キリッとして誰にも物怖じせず発言する現代的な女性です。リン・ホンは本業はモデルだそうですがこれからも女優業を続けてほしいです。日本の将校役の池内博之のアクションも、ちょっと大げさ気味ですがその分ダイナミックで映画向けでカッコよかったです。


アクションの見せ場は映画全編でてんこ盛りなのでカンフー・アクション映画好きの方は間違いなく楽しめると思います。また、強く誇り高い男の生きざまを見たい人にもお勧めです。

続き以降はネタばれありです。
物語の前半は平和な時代が描かれていてとても安心して観ていられます。イップ師匠は弟子を取らない孤高の達人ですが、街の他の師匠たちに比べ突出した強さをほこっています。北から来て道場破りで名声を上げようとしていた金師匠との対決も、余裕の表情でさばいてて、優雅過ぎる動きに釘付けでした。その強さを持ちながらも高慢にならず、人にやさしく人望集めまくりです。

後半(というかメイン)のストーリーとなる戦争中の話では前半で出てきたいろんな人が傷つき、イップ師匠自身も深い悲しみや怒りを経験します。リュウ師匠が、キレた日本兵に銃殺され、イップ師匠が怒りに燃えるシーンはものすごい迫力です。
いままでの戦いでは余裕のある表情をしていたのに、終始怒りをたたえて10人の空手家を相手に全員を必要以上に痛めつけるシーンは圧巻でした。またその戦いに挑む直前、家族へ持って帰るふかしイモをちゃんと畳の脇に置いておくところはイップ師匠の性格が表れているよいシーンです。

しかし、いくらイップ師匠が強くてもたった1人じゃ軍隊相手にどうにもならないでしょ・・・でも何とかなるかも・・・でももっと誰かが傷ついてしまうかも・・・という緊張感で観ていて苦しくなってきます。

ラストは三浦との一騎打ち。壇上に上がり、硬い表情でゆっくりと袖まくりをするイップ師匠。対する三浦は負けるはずがないと自信満々。二人の攻防は映画のクライマックスにふさわしい迫力でした。試合が終わった後、撃たれたイップ師匠に民衆が駆け寄るところもベタですがグッとくるシーンでした。

アクションだけでなく人間ドラマでもグッとくる良作でした。

傷を負ったイップ・マンが香港に移り住んでからのストーリーは続編『イップ・マン 葉門』で描かれます。これも早く観なくては・・・



関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://glassniaozora.blog.fc2.com/tb.php/115-89e64637

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。