Entries

スポンサーサイト

反射炉ビヤ 頼朝 (地ビール)

伊豆韮山反射炉の隣にある醸造所:反射炉ビヤで買ってきたビールその2です。「頼朝」という名を冠していて何か由来があったはずですが、忘れてしまいました。スタイルとしてはポーターだそうですが、あまりポーターらしくは感じられない味です。グラスに注ぐと、透明感のあるこげ茶色。泡は旨そうなクリーム色なのですが、残念ながらあまり泡持ちはよくありません。香りはポーターらしいロースト感に加え、けっこうホップが強いで...

反射炉ビヤ スタウト (地ビール)

年末の旅行で寄った伊豆韮山反射炉の隣にある醸造所:反射炉ビヤで買ってきたビールです。反射炉ビヤでは3種類のレギュラースタイルと季節限定のスタイルを1種類製造しています。醸造所直営のレストランでお昼を食べた際に友人と協力して全種類味見はしたのですがブログでレビューするのは、自分用お土産の2本だけにしたいと思います。そのうちの1本が今回のスタウト(季節限定)です。グラスに注ぐと、正に真っ黒。グラスを蛍光灯に...

ヘニンガー・ラドラー (ドイツ)

ドイツ旅行の自分用土産ビールです。フランクフルト空港で余ったユーロを消費するために買ったものです。ヘニンガーはフランクフルト発祥の歴史のあるビールブランドで、ピルスナーを主力としているそうです。けれど今回買ってきたものは、ラドラーと呼ばれるビールをレモネードで割ったビア・カクテル。ラベルによるとビール50%+レモネード50%ということで、グラスに注ぐとなるほど色は薄く香りはビールとレモネード半々という...

エチゴビール スタウト (地ビール) ホットで

エチゴビールのスタウトをホットビールにして飲んでみました。11月・12月は毎週1~2回飲み会があったものでなかなか一人家ビールができておらずビールネタ自体が久しぶりですね。12月終盤に入ってからは寒くなり、せっかくこんな時期なので冷えたビールよりもホットビールに挑戦してみようと思い立ちました。ホットビールの文化はドイツなどで一応あるそうで、グリューワインと同様にちょっと温めて砂糖やスパイスを加えて...

BECKS(ドイツ)

ドイツ旅行で自分のお土産用に買ってきたビールその1です。べックスは、さまざまな地元ビールメーカーがひしめくドイツにあって、旅した南部~中部ではほとんどどのスーパーでも売っていたブランドのビールです。あちらでは特に若者がよく買っているのを見かけました。今回買ってきたのはべックスのピルスナービールです。味のほうは独自の苦みと辛みがあり、喉を通る時のすっきり感は日本のビールではたとえられないくらいのもの...

赤レンガ倉庫のオクトーバーフェスト

先週の土曜日に滑り込みで横浜赤レンガ倉庫のオクトーバーフェストへ行ってきました。 旅行から帰ってきて先週は土曜日まで仕事があったので赤レンガオクフェスに無理そうだなあ、と思っていたのですが、オクフェス行ってきた方のブログなど読むと楽しそうで何とも行きたくなってしまい、仕事上がりに友人を誘って行ってきました。会場に着いたのが7時半頃、その後列に並んでようやく入れたのが8時過ぎでした。大変混んでいます...

エチゴビール プレミアム レッド エール(地ビール)

ヤギのイラストがトレードマークのエチゴビールが去年から売り出したプレミアムレッドエールを飲んでみました。レッドエールはアイルランド発祥のエールビールの一つだそうで、その名の通り赤いのが特徴です。このプレミアムレッドエールは、缶のプルタブを引くと途端に独自の甘酸っぱい香りが漂ってきます。グラスに注ぐと綺麗な明るい赤茶色。紅茶の色という感じです。泡はうすく赤みがかっていてふんわりときめ細かに盛り上がり...

東京ブラック(地ビール)

またしてもヤッホーブルーイングのビール:東京ブラックです。東京ブラックと名付けられたこのビールは、イングランド発祥のポーターというスタイルのビールです。昔、ペールエールやブラウンエールを混ぜて作ったビール(カクテル)が流行っていた時期があり、はじめからその味になってるビールを作ろうということで開発されたものらしいです。名前の由来は当時荷物運びのポーターさんたちが好んで飲んでいたかららしいです。大学芋...

ベルビュー クリーク(ベルギー)

苦みの強いビールが続いたので、久しぶりに甘いのを飲みたいなぁ、と思ってサクランボのランビック:ベルビュー クリークにしてみました。クリークはフルーツランビックと呼ばれるスタイルの一つで、野生に生息する酵母で発酵させたビール(=ランビック)に、さらに熟したブラックチェリーを漬けこんで二次発酵させて作られています。私はフルーツじゃないランビックはまだ飲んだことないのですが、ランビック自体は自然発酵のため...

秋味(キリン)

きれいなデザインの缶と美味しそうな広告写真につられて飲んでみました。キリンの秋限定ビール「秋味」です。香りや見た目は普通のピルスナービールなのですが、麦芽1.3倍ということで口に入れた時に広がる深い苦みとコクが印象的。けれど喉越しは意外とスッキリしていてまだまだ暑いこの季節にも嬉しい爽やかさです。が、飲み込んだ後は口の中にじわっとした苦みが残ります。アルコール度は6%と高め。じっくり楽しむのがよさ...

インドの青鬼(地ビール)

よなよなエールに続き、軽井沢のヤッホーブルーイングが製造するビール:インドの青鬼です。このビールは、インディア・ペールエールというスタイルです。インドがイギリスの植民地だったころ、インドで働くイギリス人のために本国からペールエールを輸送する際の劣化を防ぐため、ホップをふんだんに用い、更にアルコール度数も高めて開発されたビールが、インディア・ペール・エールです。インドの青鬼の風味は、よなよなエールに...

よなよなエール(地ビール)

私の生まれ故郷にもほど近い長野県は軽井沢に醸造所を持つヤッホーブルーイングの看板ビール:よなよなエールです。よなよなエールはアメリカン・ペールエールというスタイルで、ヨーロッパのペールエールのアメリカバージョンです。なのですが、風味は結構異なります。違いはヨーロッパ産のホップとアメリカ産のホップの違いからくるそうで、ヨーロッパ産がハーブティー的な軽い刺激があるのに対し、アメリカ産は柑橘系のフルーツ...

猿島ビール(地ビール)

猿島へ行った時乾杯に使ったビールです。横須賀の水を使った地ビールで色はちょっと濃い目の黄色。味はのほうはコクがあるけれど、喉を通った後はスッキリ・・・・だったような気がします。というのは当日は日も照っていて暑かったし、無人島に着いてテンション上がっていたこともあり、"とにかく美味かった" という記憶が強すぎて、正直ちゃんと味を覚えていません。神奈川では、横浜ビールや鎌倉ビールが地ビールとして有名です...

ハイネケン・ダーク(オランダ)

せっかくグラスがあるので、ダークのほうも注いでみました。オランダの黒っぽいけどラガービール:ハイネケン・ダークです。成分表を見るとカラメル色素も使っているようで、焙煎した麦芽と一緒にこの色をだしているようですね。だからかもしれませんが、見た目よりは重くないビールです。とはいっても、通常のハイネケンがかなりスッキリした飲み口だったのに対し、ハイネケン・ダークは少し甘味があり、また微妙に砂糖を入れたコ...

バス ペールエール(イギリス)

赤い三角形がトレードマーク。イングランドで古くから飲まれるペールエールの代表格です。ピルスナーやラガーと呼ばれるスタイルのビールは、下面発酵のラガー酵母を用いていますが、エールや古くからあるビールのほとんどは、上面発酵のエール酵母を用いており、結構風味が変わっています。バスはペールエールの代表格で、日本でもアサヒビールのおかげで店頭に沢山仕入れられていますね。値段もわりと安いし嬉しいことです。見た...

Appendix

プロフィール

i.w.

管理者: i.w.
川崎在住。
趣味の(備忘録)ブログです。
映画関連を中心に。
アメコミULTIMATE X-MENも中心に。
基本的に同曜日⇒同カテゴリへ投稿。

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウン 降順 昇順 年別


最新トラックバック

RSSリンク

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。